次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

コンプライアンスの徹底

コンプライアンスの徹底は、事業活動の大前提であり、クボタグループの経営課題の重点事項です。クボタでは、推進部署として「CSR本部」を設け、担当執行役員を任命して、コンプライアンスの徹底を推進しています。
また、独占禁止法違反の反省から事業部門に「独占禁止法遵守委員会」を設置し、事業部門ごとの教育・監査体制を整えています。
その他、コンプライアンスに関連するリスクに対して、全社の各種委員会やリスク管理を担当する主管部門、また各部門・グループ会社の推進責任者を中心に、社内研修・教育、外部有識者による指導、社内行事の企画、社外行事への参加などの活動を行っています。
そして、これらの活動は内部統制システムの中に組み込まれ、「教育・啓発活動」「専門部署による事前相談対応」「実地監査」を行い、コンプライアンスの徹底を図っています。
さらに、社員が職場や業務の中で、不正・違法・反倫理的行為を知ったり、疑わしいと思ったときの通報窓口として、本社に「クボタホットライン」を開設し運用しています。これは通報窓口へ直接電話やメール、文書などで相談し、解決を図っていく制度です。通報者の利益やプライバシーの保護を図りながら、違法行為の早期発見と抑制に役立つ制度として運用しています。事実調査の結果、違法行為等が確認された場合は、CSR本部長に報告し、重大な違法行為等については、社長に報告されます。

クボタホットライン フロー図

クボタホットライン フロー図

法令遵守活動

独占禁止法遵守活動の推進
独占禁止法遵守活動の推進

コンプライアンスに則った考え方、仕事のやり方を事業活動の中に組織的に織り込み、定着させることを重点方針とし、取り組んでいます。

輸出入管理
輸出入管理

国内グループ会社を含め、輸出入管理の基礎・法令変更・社内手続きなどについて定期的な教育や監査を実施しています。

設備点検・環境事故対応訓練の実施
設備点検・環境事故対応訓練の実施

設備点検および必要なメンテナンスを確実に実施するとともに、環境事故発生時に汚染を最小限に抑えるための訓練を定期的に実施しています。

安全運転の徹底
安全運転の徹底

業務で自動車を運転する従業員に対しては、年に1回以上の安全運転教育を実施し、交通事故・違反防止への意識の啓発を図っています。

関連情報

クボタグループの製品・サービス、そして社会に対する使命・役割を様々なメディアでご紹介いたします。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。